Preface

オーディオに何を求めるか

 オーディオ装置は音楽を聴くための道具にすぎない、とまずは考えることにしておきましょう。そのうえで、私はその存在感、特にスピーカーの存在を消し去ることを最上の目標にしてここまで来ました。いかにもスピーカーが鳴っている、という状態からの脱却を図ることがすべてでした。スピーカーではなく、楽器が鳴っている、生身の人間が歌っている、そんなリアリティーが欲しかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です