KARAJAN 1960s – 8

Posted on

端正で清潔

 今どきの斜に構えた演奏に比べますと端正で清潔で、とてもオーソドックス、教科書的とすら感じてしまいます。音楽の造形美、とでも言うのでしょうか。自己主張の強い個性派のデフォルメされたピカソチックな解釈はついていけません。

 話は変わりますが、この本は一読に値いたしますのでここで触れさせていただきます。決して陰謀論のトンデモ本ではありません。内容的には、日本の歴史に関する部分などやや難解なパートもありますが、じっくりお読みいただければ理解・納得できるレベルであろうかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です