KARAJAN 1960s – 1

Posted on

4か月を切った沖縄生活

 JCI取得済の巨大総合病院での勤務で感じたのは、徹底したいい意味での管理の行き届いていることの良さ、でした。ここまでしないといけないのか、というち密さ。そのために必要な選任スタッフが医師、看護師、検査技師をはじめとするスタッフの働く環境を整備し、感染症や不測の医療事故を未然に防ぎ、ささいなリスクまで漏らさず監視し緊密なチームワークを構築していきます。職場でのパワハラや陰湿な『いじめ』を根絶するチェック機能はすばらしい! 部下、同僚へのいじめには懲戒解雇という厳罰主義で臨んでいます。
 来年2月末日をもって退職。3月中に札幌での住まいを確保し、引っ越しの準備を本格化させます。うさぎさんを安全に移動させるための準備も大変です。安直にペットを飼われる人が多いようですが、我が家でうさぎさんは子供同然。
 聴かないCD、読まない書籍はすでに大量処分いたしました。KARAJAN1960sのボックスを残された沖縄生活で、聴いていきたいと思っております。恥をしのんで公開した小説は、公開したことによる強力なNFBがかかり、改訂が進みそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です