Bach: The Sonatas and Partitas for Violin Solo

Posted on

歴史は面白い

 CD2、3曲目の無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004: サラバンドがいいですね。深夜の静寂の中にひたひたと浸透していく響き。1720年、バッハが35歳の時の作品です。1720年のヨーロッパ…… テンプル騎士団、フリーメイソン…… 現代の世界を構成するベースが構築されていった時代…… 世界はこのころからすでに『銀行』によって管理されていたわけで、銀行を管理する欧州王侯貴族連合とでもいうべき存在が今やディープステートを形成しトランプさんをはじめとする世界の元首を操っている人形使い、とのことらしいです。庶民にはどうでもいいことですが、自分が流されている時代の潮流がどのようなものなのか、という野次馬的な興味は尽きません。

 ひんやりしたサウンドのUreiはバッハにぴったりです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です