イコライザーを考える – 4

Posted on

気付いて欲しい

 故・菅野沖彦先生も著書の中では、はっきり言われていたイコライザーの必要性。

 Urei811C、大音量で聴くハリウッドサウンド。これまで、何度も書いてきましたがこのディスクが、大音量で爽やかに再生できるか否かは、シアターサウンドのSR技術にかかっているわけです。どれほどのハイエンドシステムでもただつないだだけの状態では、大音量再生において、『うるさい』という状態になるはずです。

 マッキントッシュがイコライザーを外さない理由がここにあるわけです。彼らの見識は素晴らしい、と思います。本物のプロ集団、ということなのだということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です