イコライザーを考える – 2

Posted on

中域の張った音=精神性の高い音にあらず

 中域の張った音がイコール緊張感の高い、精神性の高い音、というとんでもない誤解が蔓延しているようです。

 中域の張った音は、人間の耳の感度の高い領域にダイレクトに差し込んでくるわけですからとても分かりやすい迫力、あるいは浸透力、緊張感の高い音、という錯覚を簡単にもたらすことになります。これは、本当に錯覚であり誤解なのだと、言いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です