生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 5

Posted on

大音量、のコツ

 Urei811Cの能率は99dBです。1Wのパワーで、1mの距離、という通常の基準で、です。ALTEC#9845Aは97dBでした。30Wではな、なんと114dB! という狂気のというか、凶器じみた音圧になります。(30~3000Hz Pink noize)Urei811cも30W Peakを加えると冷や汗のにじむ世界になります。

わたくしは、これをどのような設定で使っているのか

 といいますと以下のようになっています。これはあくまでも現在の環境において、のものですから汎用性はありませんのでご注意ください。
(1) 10.0kHz Bandwidth: 8 Gain: -3 (2) 8.okHz Bandwidth: 3 Gain: -4 (3) 6.3kHz Bandwidth: 3 Gain: -48 (4) 4.0kHz Bandwidth: 5 Gain: -10 (5) 3.2kHz Bandwidth: 4 Gain: -48 (6) 1.0kHz Bandwidth: 12 Gain: -40 (7) 1.6kHz Bandwidth: 3 Gain: -5 (8) 2.0kHz Bandwidth: 3 Gain: -30 (9) 0.5kHz Bandwidth: 4 Gain: -10 (10) 80Hz Bandwidth: 5 Gain: -42 (11) 160Hz Bandwidth: 11 Gain: -48 (12) 40Hz Bandwidth: 7 Gain: -10

 これをベースにしてマッキントッシュC40の5ポイントイコライザーで音楽によって異なるバランスに微調整、時に大胆に変更を加えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です