EPIQ Music

Posted on

ハリウッド映画音楽

 ハリウッド映画の予告編で使われるEPIQ Musicについては過去に何度か書いてきました。予告編で使われるので、映像とともに思いっきり情感を高める、涙腺を緩ませる、心の震えを引き出す効果を狙ったサウンドになっています。フルオーケストラ+コーラス、電子的効果音がミックスされた、分厚い響きでドラマティックな仕上がり。クラシックのシンフォニーにも通じるところを感じさせます。ただし……

 大音量で『うるさい』『録音が今一?』と感じさせないように再生するにはSR-PA技術が必須となります。映画館でのシアターシステムで大音量で再生されることが前提の音作り。ただボリュームを上げるだけの大音量で聴いてみてください。いかかがですか? ディープでドラマティックな響きに酔うことができましたか? もし、耳に刺激的、と感じたのであれば、これが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です