やはり残響が……

Posted on

 だんだん耳が慣れてしまい、平気になっていましたが、ソースによっては、ちょっとエコーかかり過ぎ…… と許容範囲を超える状態です。で、冷静に聴き慣れたディスクを聴き直してみますと、このままではまずいかな、と。音楽によってはむしろホールトーンたっぷりで楽しめるのですが、耳のバランスがおかしくなりそうですので、残響の調整をすることにしました。いや、オーディオ評論家に復帰するわけではありませんから、そういうことは気にせず楽しくやればいいじゃないか、とも思うのですが、それでもある程度ニュートラルな感覚を維持しておきたいと思いますので対策を講じることにしました。 今回は天吊り専用のSONEXを活用することに決定です。借家なので壁に貼り付けるタイプは使えませんし、それでは視覚的につまりません。そこで吊り下げて宙に浮くオブジェ、抽象彫刻のようにしたほうが面白いはずだ、と考えました。1枚約60X120cmというサイズです。左右に6枚ずつランダムに吊ってみようと思います。壁が白なのでSONEXも白にしました。吊るためのフレームは自作です。ステンのワイヤーか釣り糸か、あるいは細いチェーンのようなものを使う予定です。 フレームはステンのパイプとジョイントで組み立てます。 思えば30年前に、同じような悩みで残響を減衰させるための仕掛けを渋谷の東急ハンズで調達して組み立てた思い出があります。90X180の、ライトグレイのパイルカーペットをフレームに吊り下げて四苦八苦していました。SONEXを使うのは初めてですので一抹の不安はありますが、ここは実績を信じるしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です