生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 5

大音量、のコツ  Urei811Cの能率は99dBです。1Wのパワーで、1mの距離、という通常の基準で、です。ALTEC#9845Aは97dBでした。30Wではな、なんと114dB! という狂気のというか、凶器じみた音圧 … Continue reading生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 5

生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 4

暴風を圧倒する大音量  外は再び瞬間最大風速70mという狂気の暴風雨です。時々、鉄筋コンクリートの家がブルブルと震えます。いつ停電するかわからない状況です、一瞬、給電が途切れ、音が飛びました。スリル満点……  で、ここで … Continue reading生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 4

生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 3

録音のマジック  かつて、レコーディングエンジニア・1級音響技術者の及川 公生さんはこう言われていました。 「ジャズは特有の聴かれ方があり、これが録音(ライブ録音も含む)でもSRのサウンドでも全てを支配している。それはジ … Continue reading生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 3

生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 2

台風の目にはいって  急に静かになりました。階下の事務所はお休みで無人、というわけで大音量を楽しみながら、今回のテーマについて考えています。『求心力の高い音』、『浸透力が高く緊張感のある響き』といった、オーディオに的デフ … Continue reading生音のしなやかさとオーディオ的デフォルメの交錯する瞬間 – 2